ド迫力の超マッチョボディーを纏う
オニ目仕様

 この大きさで、このカラーリングは目立たないわけがない。シルバーと黄色のボディカラーのフルワークススタイル。エッジの効いたロングノーズに長いデッパ。
 さらに、幅広のオーバーフェンダーに迫力のシルエットウイングの組み合わせは、まさに目立つための装備。チバラギ仕様として街道レーサーという文化が生み出したスタイルである。
 オーナーのあおささんは浜松レーシング所属。昔から改造しまくったマシンを見て育ち、ずっとこのスタイルに憧れを持ち続けて製作に至った。改造は100万円ほどかかっているという。
あおささんのGX71マーク2のポイントは、キマりまくったシルエットにある。
よく見ると、ロングノーズの奥にセットしているライトが角目4灯になっている。イカツイ鬼目にするために、同じGX71クレスタのライトを流用したという。

ワークスオバフェンのシルエットスタイル。車高も含めて全体のバランスが良い1台に仕上がっている。
テールは3分割+シルエットウイングの組み合わせだ。
内装は純正のまま、ハイソな雰囲気を残している。定番のシャンデリアもセットしている。
ホイールは街道レーサー界で一番人気のマークIをセットしている。

チャンプロード×単車の虎には、ヤンキー・旧車に関する記事が盛り沢山!

反逆Cars の他の記事

反逆Cars vol.88 俺たち皆んな街道レーサー

THE街道レーサーなジャパン!

反逆Cars vol.87 俺たち皆んな街道レーサー

ド派手の福岡カラー×CELICA XX

最新記事
原チャリ香川・小豆島ツーリング

原チャリ・小豆島ツーリングをレポート!

旧車ガールズ!Vol.141 れったんサン

令和生まれの旧車ガール登場!?

最新記事をもっと見る