このコーナーでは、チャンプロードらしく不良文化論と題して「不良の愛した物事」をテーマに、懐かしのグッズから当時流行った出来事、さらに、影響されてた映画、テレビ、マンガまで、様々な切り口で「あの頃」を感じさせる出来事を解説しています。
昭和の暴走族が愛した
当時物パーツ徹底解剖

 みんなが探し、欲しがっている当時の貴重なパーツとは? 改造文化の歴史において流行ったモノとはなんだったのか? ここでは、そんなモノ(パーツ)について紹介する。テーマは「昭和の暴走族が愛したパーツ」レア物から面白どころまで集めてみたのでじっくり見てもらいたい。

懐かしの燃料ゲージ 燃料計なんてものがなかった時代に、大人気だったのが朝日電送の燃料計付きタンクキャップだ。 バイクをゆらしてガソリンの残量を確認していた時代には画期的なパーツだった。 構造はシンプルで、フタの底にメーターにつながる棒があり、その浮き沈みによって針が動く仕組みになっていた。一番最初の登場は1976年のことだった。
変形ヘルメット ヘルメットには時代ごとの移り変わりと文化がある。 1967年頃リリースされたフルフェイスヘルメットの原型BELL STAR。
 その後継モデルとして1976 年頃に発表されたSTARⅡが当時の走り屋たちの間で爆発的にヒット。その後、SHOEIのS-12も登場した。 族ヘル文化については、70年代後半頃に顔の判別が出来ないほどにパテ埋めした開口部の狭いヘルメットが登場。
 そのワルいスタイルがウケて、変形ヘルメット文化がはじまった。

ポイントカバー類 クラッチカバーやポイントカバーについてもレアなアイテムがたくさんある。 人気なのはBEET、キジマ、マーシャルの砂型モデル。 製品としては復刻された現代物の方が綺麗だが、こだわりのオーナーにとっては綺麗すぎるのは邪道で、砂型ならではの巣穴があるモデルが好み。
 これこそが当時物の良さであり味だという。

ヘッドライト 馬蹄型ヘッドライトは、馬の足先に付ける蹄鉄(ヒヅメ)のカタチをしている。
 1960 年代後半のスズキ車には、この馬蹄型ヘッドライトが装着されていた。 丸型の下部をカットしたようなデザインで、サンパチ乗りなど旧車ファンに人気。
 骸骨のカタチにも似ている理由から、通称“ドクロライト”とマニアの間で呼ばれている。

マニアなウインカー このZ2が装着しているウインカーはレア物で、6角形の形をした通称“亀ウインカー”なんて呼ばれているもの。
 主張は強くないので、気付かない人も多いが、探しても滅多に出てこない貴重品とのこと。ここまで綺麗な状態で残っているのも珍しい。

人気の当時物ホイール ホイールには数多くの種類がある。 その中でも人気だったのが当時物ハヤシ、レスター、セブンスター、BEET、メルバといったキャストモデルだ。 ちなみに、キャストホイールの“キャスト”はダイキャスト(鋳造)という意味だ。材質には鉄、アルミ、マグネシウムが使われる。 メルバは独特な形状のディスクがウケた。 珍しさでは、SP 忠男のフェレックスというホイールも存在した。

個性的なミラー ミラーの当時物の流行りは様々。イタリアのヴィタローニをはじめ、ナポレオンバッカミラー、ロッキー、55ミラーなどは驚くほど高値で取り引きされている。 上の写真は、珍しい形状のリングを付けているナポレオンバッカミラー。かなりレア物で、価格がいくらになるかは……希少すぎて不明とのことだ。
オイルプレッシャーゲージ あまり見たことがないオイルプレッシャーゲージ。アルミ削り出しのキャップにメーターを内蔵している。
 どこかのショップが作ったモノだと思われる。あると便利なアイテムだ。

リメイクライト 四輪と同じノリで当時はリメイクヘッドライトも流行った。
 写真の単車の場合、フォグランプを斜めに2連装している。なかなか個性的な表情で目立つ。こうしたユニークなアレンジを当時は楽しんだものだ。

鉄ラッパ ミュージックホーン、ラッカラーチャなどのホーンは、当時は鉄ラッパが常識。
 メーカーはフィアム、今仙電気製作所、マーシャル、ディキシーランドが人気だ。
 ラッパを連装させることで様々な音色を奏でることができる。

昭和の風防 風防といえば旭日を思い浮かべるが、リード工業のベルズ風防の方が実はレア物だ。
 キジマファイターや旭チャンピオン風防も人気だが、圧倒的な存在感を示すベルズにはファンも多い。個人売買でも高値で取り引きされている。


チャンプロード×単車の虎には、ヤンキー・旧車に関する記事が盛り沢山!

昭和の不良文化論 の他の記事

昭和の不良文化論Part15

懐かしのバイクカタログ

昭和の不良文化論Part14

懐かしのマンガを振り返る!その2

最新記事
旧単車浪漫
唯一無二の俺仕様


クールな神奈川仕様のGS!

2020-21年越しツーリング

走り納めと走り初めを満喫!

最新記事をもっと見る