街道レーサー界において不動の人気を誇るGZ10ソアラ。当時、ラグジュアリーなスペシャリティーカーとして皆が憧れた。4ドアならマークⅡ、チェイサー、クレスタ、だが2ドアならやっぱりソアラでしょ!!

 もちろん、同じトヨタのセリカXXも人気だったが、こちらはスポーツカーとしての人気であり、ハイソであり上品なワンランク上のクルマという意味では、ソアラがその地位に相応しいと誰もが言っていた。

 そんな憧れから、当時のスタイルにこだわり、日の出暴走時代を彷彿とさせる仕上げを施したのが金山ファクトリーのマシンである。一見シンプルなように思えるが、わかるヒトにはピンとくるGX71チェイサー用のリップスポイラーをはじめ、サイドステップは当時物であるヤマトのスポイラーをセットしている。

 街道レーサーとしては、これだけでは寂しいが、ボンネットを延長し、鉄板で作ったロングノーズにすることで存在感を強め、街道レーサーのあるべき姿を表現する。そんなオーナーの見事なまでにハマった狙いがうかがえる。

 ポイントを絞り込むことで、必要最小限の改造で目指すべき仕様を表現する。金山ファクトリー製作のソアラは、そこの処理のうまさが際立っている。

フロントフェンダーにはサメエラとも呼べるダクトを配置。スポーティな演出を施す。
リアから見るととてもシンプルな作り込み。ウイングも付けていないので、ごく普通のソアラのように見える。フロントとのギャップを楽しむスタイルだ。
インテリアはフェラーリホーンボタンのステアリングにアルミ製ロングシフトノブ、そしてアーム式の灰皿をセット。オーディオも当時物だ。
ホイールは懐かしい前後9JのSSRマークⅡをセット。自走できるように適度なツライチ加減をキープさせる。
マフラーは定番のストレートパイプをデュアルで装着。この細さが良いのだ。
今後はテールをポーターから流用して取り付ける予定。いわゆるポーターテール仕様にするそうだ。

チャンプロード×単車の虎には、ヤンキー・旧車に関する記事が盛り沢山!

反逆Cars の他の記事

反逆Cars vol.44 俺たち皆んな街道レーサー

シンプルなフロントにツリ目テールのリア!?

反逆Cars vol.43 俺たち皆んな街道レーサー

普段乗りもできるお買い物仕様

最新記事
旧単車浪漫
唯一無二の俺仕様


オーナーオリジナルの外装を施した一台

昭和の不良文化論PART9

懐かしの原チャリをクローズアップ!

最新記事をもっと見る