1960年から製造・販売されていた上級セダンのセドリック。3代目の230型からは日産・グロリアと姉妹車になり、2つを併せて『セド・グロ』と呼ばれるようになったのは有名な話。ここで紹介するY30は、そのシリーズの6代目で、昭和を代表する数あるセダンの中でも不良達にとってダントツに人気モデルだった。

 2ドアハードトップを廃止し、4ドアハードトップ、4ドアセダン、ワゴン/バンの3系統のボディバリエーションを用意。ボディのスタイリングは、イタリアの自動車メーカー『カロッツェリア・ピニンファリーナ』の協力を仰いで、進化した330型の曲線を多用したデコラティブなデザインから一新し、Y30からは、直線的で箱車としてより強いイメージの車体に大幅変更が加えられた。 そして、このY30には乗用車として、日本初のV型6気筒エンジン が搭載され話題を呼んだ。先代の430はターボエンジンを搭載し、性能の向上だけでなく、燃費の向上、騒音の低減も狙っていた。それゆえ、CMでは「快適ローデシベル空間」と謳い、高い静粛性で高評価を獲得した。

 このY30のV6エンジンでは、高級セダンでありながら俊敏かつなめらかな走行性能を実現した。そもそもセドリック&グロリアは高級セダンとして登場。後にクラウンと共に、高級セダン、VIPの代名詞にもなるモデル。そのため、エンジンは静かで速く走れるというだけでなく、内装もゴージャスな仕上がりであった。
 今回紹介するトミーさんのY30はグロリアをベースにしている。セドリックとグロリア、どこが違うかというは、これがけっこう細かいところで、グリルやバンパー、テールランプのデザインに若干の違いがある程度。おそらくそれぞれのオーナーでなければわからないほど微妙な違いというわけだ。
 そんなY30グロリアを街道レーサーテイストの痛車に仕上げてしまったから驚きだ。  しかも、このグロリアは後期型で希少価値が高いジャックニクラウスバージョン。たしか専用色で限定カラーだったモデルだ。そんなモデルにヤマト製のフロントバンパー、サイドステップ、リアバンパーを装着。車高をベタベタに下げて、昭和のVIPカーらしいワイヤースポークのホイールを履かせる。

 ボンネットとリアウインドにはオーナーであるトミーさんの大好きなキャラクターをラッピングとカッティングシートで処理。他ではあまり見かけない俺スペシャルな仕様に仕上がっている。
 改造ポイントはわりと少ないが、それでもこの姿はインパクトが強い。きっとレベルの高い痛車がひしめくイベント会場でも、このギャップのある仕上がりは大注目されるはずだ。

メリハリの効いた顔ツキを作り出すヤマト製のフロントバンパーを装着。イエローバルブのライト、この仕様がボンネットに描いた絵ともマッチしている。
リアウインド一面にオーナーのトミーさんお気に入りのバンドリの絵をカッティングシートで貼り込む。これも相当目立つ!!
リアもヤマト製バンパーを装着。カッティングシートによる主張を重視しているので、あえてシンプルに仕上げている。
ホイールは今となっては懐かしい、ワイヤースポークの15インチホイールを装着。フェンダーに被るくらい車高も下げている。
サイドにデカールを入れているのがポイント。これがあることで、高級車として風格が増す。
サイドステップはエッジの効かせ具合が抜群にカッコよいエアダム形状を採用している。クルマとしての厚みも増してカッコよい。

チャンプロード×単車の虎には、ヤンキー・旧車に関する記事が盛り沢山!

反逆Cars の他の記事

反逆Cars vol.45 俺たち皆んな街道レーサー

必要最小限の改造で目指すべき仕様を表現

反逆Cars vol.44 俺たち皆んな街道レーサー

シンプルなフロントにツリ目テールのリア!?

最新記事
旧単車浪漫
唯一無二の俺仕様


オーナーオリジナルの外装を施した一台

昭和の不良文化論PART9

懐かしの原チャリをクローズアップ!

最新記事をもっと見る