このコーナーでは、チャンプロードらしく不良文化論と題して「不良の愛した物事」をテーマに、懐かしのグッズから当時流行った出来事、さらに影響された映画、テレビ、マンガまで、様々な切り口で「あの頃」を感じさせるものを解説する。
とにかく忙しいヤンキーの年末
不良のゆく年くる年はこうだった!
 クリスマス、大晦日、正月、成人式と、年末年始はイベントが目白押し。子供の頃は物欲のクリスマス(お菓子入りサンタ長靴等)を過ごした不良も、オトコとして毛が生える頃には性欲のクリスマスへと変化し、駅前ロータリーでのナンパが風物詩となった。また単車乗りであればクリスマス集会を開催。サンタの格好をして夜の街道を走り回る姿も全国各地で目撃された。  クリスマスにうつつをぬかしているとアッという間にお正月が迫ってくる。不良の正月といえば、ご存知の日の出暴走だ。80年代から90年代にかけて警察24時なんて番組で、検挙の模様をライブ中継したこともあった。中央道、八王子料金所で網を張る警察と、それを強引に突破する不良達による戦いは話題となっていた。  クルマやバイクを持っている不良は、年末になると、日の出暴走を目指してマシンを仕上げる。テーマはいかにして目立つか!! タダ同然のクルマの場合、屋根をぶった切ってオープンカーにするのが定番。デッパ、竹ヤリは当たり前で、各地の過激なマシンが勢揃いする一大イベントになっていた。  そこには「どうしても間に合わないっっ!!!」というクルマやバイクの姿も。これも年末恒例で、そんな車両は仲間に手伝ってもらって仕上げたり、手軽なカッティングシートを使って目立てるようにごまかす……もとい工夫するなど大慌てのトッカン作業を繰り広げた。
 いま思いおこせば、この年末年始にかけての不良達は、仲間と共にとてもエネルギッシュで情熱的な活動をしていたのである。

不良の乗り物への目覚めはココから!!
フラッシャー付き自転車

 1970年代に活発な小学生時代を過ごした男子にとっての憧れは、ジュニアスポーツ車だった。
 当時はフラッシャー付き自転車と呼ばれ、需要の高まりと共に進化を遂げ、各メーカーのデコレーション合戦が始まった。その時代背景をひも解くと、『フラッシャータイプ』からはじまり『スーパーカーライト』『デジタル』と、進化の過程が見えてくる。
 ジュニアスポーツ車は、フレームがホリゾンタルフレーム(トップチューブが水平)で前後にキャリアを装備し、外装変速機付きといった特徴を持つ。
 変速レバーはシフトレバー形状で、自動車のセンターコンソール風のボックスから出たそれはAT車のグリップのような形状。さらにツインヘッドライト(ダブルライト)を装備していることも多かった。
 ただ地方によっては自転車通学に利用する関係もあって、セミドロップハンドルが禁止されてアップハンドル仕様にした自転車もあったようだ。

二輪と四輪の要素を融合
ジュニアスポーツ車カタログ
キャストホイールを履く本格派
スカイヤング
こども心をゆさぶる豪華さ!!
エレクトロボーイZ
速く走り素早く止まる
ヤングウェイ
デコトラがモチーフ!?
サリー
フラッシャーで前後を武装
富士エスパトロン
バイクと同じ油圧ブレーキ搭載
スズキ・インパルス
電動メカ搭載で走りを彩る
ナショナルFFセンサー
憧れの電動リトラクタブルライトモデル
富士コンコルドFF5
ベストセラーとなったマシン
アストロG



次のページに続く!

チャンプロード×単車の虎には、ヤンキー・旧車に関する記事が盛り沢山!

昭和の不良文化論 の他の記事

昭和の不良文化論Part15

懐かしのバイクカタログ

昭和の不良文化論Part14

懐かしのマンガを振り返る!その2

最新記事
栃木ナイトミーティング

四輪&二輪のカスタム愛車がパーキングエリアに大集合!

旧車ガールズ!Vol.117 あきサン

ブラック×レッド!GSザリ外装に跨る旧車ガール!

最新記事をもっと見る