旧車會には様々なスタイルが存在している。カラーリング、デザインも含めてオーナーの数だけ個性的な単車が存在している。独自の文化によって発展し、進化を遂げる旧車會仕様。このコーナーでは、十人十色、情熱を注いだ旧単車カスタムの凄い世界を紹介しよう。 
仲良し夫婦の愛車
単車もペアルックでバリ目立ち!!

左の車両
SUZUKI GS400
Team:MAD★STAR
Owner: おいちゃん

右の車両
SUZUKI GS400
Team:MAD★STAR
Owner: つかっちゃん.com

 旧車會では、一緒にツーリングを楽しむ仲良しカップルやご夫婦を見かける機会が多い。そんな彼らにとって、週末ツーリングはデートと同じ。仲良しだからこそ単車の外装もペアルック的で楽しみたい。

今回紹介するチーム・マッドスター所属のおいちゃんとつかっちゃんご夫婦の愛車は、そうした仕様の先駆けかも知れない。 ベース車は、独特の吸い込みサウンドが魅力のスズキGS400を選択。外装をお揃いにして、カウルを共通デザインでペイントした。まったく同じにするのは面白くないので、 シルバーラメベースに水色と紫グラデーション3本巻きラインの外装は共通としながらも、旦那さんのおいちゃんGSは、キャストホールに交換し、フレームもオレンジにペイント。 奥さんのつかっちゃんGSは、Hリムホイールのスポークをピンクに塗装し、ブレーキディスクの一部をオレンジに仕上げている。
一見すると兄弟車として仕上げられたマシンだが、旧単車を知るオーナーならわかる通り、 装着している細かいパーツ が違っている。また、旦那さんのGSはエンジンをボアアップし、450仕様にもなっている。 よって、見た目は似ているが、単車としての性能も違う。このあたりはオトコのこだわりと言うべきだろう。



大粒のラメを使ってギラギラコーディネイトにパステルカラーの組み合わせが美しく光ってカッコ良い。



走りにもこだわり、エンジンは400㏄から450㏄にボアアップしている。



BEET キャスト、マルゾッキ、ウエダスイングアーム、Gフォアダブルディスクを装着している。GSの仕様としては王道といえる仕上げだ。



タンクに描くのはおいちゃんお気に入りのアレだ。



奥さんのGSは基本的に旦那さんと同じデザイン。仲良しの証と言わんばかりにカラーアレンジを加えている。



装着しているパーツは、アルミサイクロンマフラー、オーリンズサス、ゴキダブル、マーズ50cm延長三段シートだ。



女性が作った単車ならではの可愛らしいホイールを履かせている。



タンクに描くのはつかっちゃんお気に入りのアレだ。


カウルの裏までペイントするこだわりに注目!!


チャンプロード×単車の虎には、ヤンキー・旧車に関する記事が盛り沢山!

旧単車浪漫 の他の記事

旧単車浪漫
唯一無二の俺仕様


ライン外装が渋い神奈川仕様GS

旧単車浪漫
唯一無二の俺仕様


クールな神奈川仕様のGS!

最新記事
俺たちの生きた証 チャンプロード プレイバック vol.70

2003年6月号の懐かしい誌面を紹介!!

突然のゲリラ集会 THE改造車

知る人ぞ知る改造車の集会!

最新記事をもっと見る