チャンプロードの第1号発売は1987年のこと。
そこから2年が経過した1989年、昭和から平成へと新たな歴史がスタートする。様々な変化の年になった平成。変わらない、ブレないと言いつつも、時代の移り変わりと共にチャンプロードの内容も変わってくる。このプレイバックチャンプロードのコーナーでは、俺達の青春、平成の激動のチャンプロード誌面を振り返って紹介していく。

懐かしいあの頃、あの単車、あの四輪、あのチーム、あの有名人、チャンプロード誌面にはたくさんの思い出が詰まっている。誌面を飾り好評だった華のコーナー、新時代「令和」の今だからこそ再び見たい。みんなが熱く弾けたあの時を!!


 今週のプレイバックチャンプロードは、1996年7月号の誌面を紹介。
 まず最初は、VIPカーが流行し始めた時代にハイレベルなドレスアップカーを製作していた岐阜県「魅返り美人」が登場。当時のフルエアロにディッシュホイールの組み合わせが懐かしい。
 またチャンプロード名物の俺たち皆んな街道レーサーからは、埼玉県「富士見車高短倶楽部」を紹介。過激なマシンが多い中、自作シルエットのスカラインGTに特に注目してもらいたい。
 最後は投稿・単車BOXを紹介。当時の過激な改造スタイルを思い出してください。


チャンプロード1996年7月号より





チャンプロード×単車の虎には、ヤンキー・旧車に関する記事が盛り沢山!

俺たちの生きた証 チャンプロード プレイバック の他の記事

俺たちの生きた証 チャンプロード プレイバック vol.118

1998年3月号の誌面をご紹介!

俺たちの生きた証 チャンプロード プレイバック vol.117

1997年2月号の誌面をご紹介!

最新記事
第5回 T-CUP 前編

オールジャンルの四輪ドレコン
自慢のカスタム愛車が大集結!

反逆Cars vol.122 俺たち皆んな街道レーサー

ポンコツ車両を
街道レーサー仕様にレストア!!

最新記事をもっと見る