Profile
シルエイティを駆るドリフトガール♥ 東京ガールズ・カーコレクション/TOKYO GIRLS CAR COLLECTION()が開催された秋葉原UDX駐車場で、渋カッコ良いオーラを放つスポーツカーが佇む。ドアを開けて降り立った彼女は、クールビューティなオトナ女子のハルさんだ。
「幼い頃フェラーリF40に惚れて以来、ずっとクルマ好きです。最新モデルよりも、少し古くて雰囲気のある旧車にグッと来ますね。趣味も仕事も、クルマ漬けの毎日です。このシルエイティは衝動買いから、まさかの所有11年目! 最近のスポーツカーは大径18・19インチが当たり前ですが、小径な15インチが履きたくて買いました。そんな当時感からなのか、オジ様達によく声をかけられます(笑)。走行距離22万kmオーバーで外装も傷だらけですが、私のドリフト遊びに付き合ってくれる愛車には、感謝の気持ちで一杯です♥」と話す。
 暗い地下駐車場なので一見ブラックに見えるボディカラーだが、実はホンダ・オデッセイの純正パープルで、ワルっぽいドリ車のオーラが漂う。TGCCは走らないイベントなので、流石にドリフト用のスペアタイヤは積んでいなかった。サーキットで慣らしたマニュアルシフトを操りながら、取材・撮影を終えて駐車場から颯爽と走り去って行った。


ファッションCHECK!
 赤いタートルネックの長袖ニットに、黒いスキニーパンツとパンプスを履く。赤・白・黒のチェック柄ストールを羽織り、冬のクリスマス時期に合わせたオトナ女子コーデだった。 マニュアル車を運転する時は、赤いスニーカーに履き替えて本気モードだ。 TGCCの愛車ランウェイはライトONで登場し、レッドカーペットを颯爽と歩いてポーズをキメていた。
愛車CHECK!!
 ハルさんの愛車は平成7年(1995年)式で、通称「シルエイティ」と呼ばれる。ニッサンのスポーツカー180SX(ワンエイティ・エスエックス/型式RPS13)をベース車に、同じニッサンのシルビアS13の顔面を移植した仕様だ。
 余談だが逆に、180SXの顔面+シルビアを「ワンビア」と当時のドリフト族は呼んでいた。エアロパーツはフロント、リアにヒッポスリーク製を纏う。 ホイールはSSRのメッシュで、タイヤはフロント:ブリヂストンPOTENZA RE-01/リア:ナンカン(205/55R15インチ)を履く。サスはBLADE車高調(バネレートF8k/R6k)で、ブレーキパッドはF:エンドレス/R:プロジェクトμ製に交換。駆動系はNISMOカッパーミックス仕様クラッチ、LSDでデフも強化した。 マフラーはステンレス材質でワンオフ製作し、メインパイプ80φ-テール出口115φを鳴らす。エキマニはアルトラック製ステンレス仕様、エアフィルターはHKS製、オイルクーラーはトラスト製に換装済み。 インテリアはMOMO製アバルトのステアリング、クリスタルのシフトノブ、オオモリ製の3連メーター(油温・ブースト・水温計)、ブリッド製ジータ3タイプSのフルバケットシートを愛用する。 コクピットからリアハッチへロールケージを張り巡らせ、ピラーバーやタワーバーでボディ剛性もアップ。トランクにはガレージジャッキや十字レンチも常備し、ガチで走り屋な証拠だ。 ドリフト走行では縁石へフロントバンパーを引っ掛けて破損しない ように取り外したり、過熱するエンジンまわりを走行エアで冷やすためにも、こんな敢えて無骨な姿で白煙を巻き上げる走りがカッコイイのだ!



チャンプロード×単車の虎には、ヤンキー・旧車に関する記事が盛り沢山!

旧車ガールズ! の他の記事

旧車ガールズ!Vol111 あぐサン

憧れのハコスカと一緒♥

旧車ガールズ!Vol110 きのっぴさん

緑の初代ロードスターに一目惚れ♥

最新記事
投稿! 愛車カスタム大集合祭!!
旧単車編 Part01


投稿写真をホームでエンジョイ!?

俺たちの生きた証 チャンプロード プレイバック vol.53

2006年6月号の誌面を紹介

最新記事をもっと見る