80年代グラチャンマシンが大集結!! 自由な改造車がこの世を謳歌(おうか)した1980年代、10代の若者たちはグラチャン仕様に夢中になった。GCレース、スーパーシルエットグループ5、漫画シャコタン★ブギ等から次々と刺激を受け、公道を走る改造車の姿もどんどん過激になっていた。 今回開催された「俺たちのカスタムカーショー」は、80年代に社会現象を巻き起こしたグラチャンに参加していた有名チームの有志によって極秘開催されたもの。ワークスマシンからオープン仕様まで全35台のハイレベルな当時仕様がずらりと並べられた。 フツーではないマシンが集まった俺たちのカスタムカーショー。千葉県某所の私有地駐車場が開催地だったが、目の前にホームセンターの駐車場があり、当時を経験した年代の人達もふらっとギャラリーしにくる。 現代を象徴するハイブリット車がたくさん並ぶ対面の駐車場に、80年代の過激な改造を象徴する昭和の街道レーサーが並ぶ光景は、時代の移り変わりを強く感じさせてくれる。昭和車はそれぞれ車種ごとの個性があり、主張するポイント、ブレないアイデンティティがあることをあらためて感じた瞬間だった。
懐かしのシルビアガゼール。ボンネット延長のブラックシルバーツートンは勇ましい。デッパ仕様はボンネットを見ると分かるが、これまた懐かしのヤクルト・ミルミルカラーだ。
作り込みが素晴らしいファルケンカラーの80クレスタ。街道レーサー仕様としては珍しいベース車だ。
このツートンがカッコ良すぎるジャパン。ワークスオバフェン+デッパ+シルエットウイングの3点セットもGOOD!!
こちらもレアなマツダ・ルーチェレガートの街道レーサー仕様。この手のイベントではお馴染みの服部ワークスのマシンだ。
SSSのブルーバードも登場!! ワークスフェンダーにチンスポの組み合わせがよく似合っている。
このシルエットのセンスの良さは参考になる。組み合わせの色もカッコ良い。
このシルエットは凄まじい。大胆な造形の外装は一度見たら忘れられない。
当時の若者達に大人気だったmikihouse姿のカップルを発見!!
大胆なリメイク!! この小さなシルエットマシンはインパクト抜群だ!!
年代、車種を問わず、様々なマシンが集まった。街道レーサーもいれば当時の走り屋スタイルも確認できる。
とってもイカしたクジラクラウン。チンスポとカモメウイングを装着し、車高を限界まで低く落としている。
好き者同士が集まれば、尽きることのない改造談義がスタートする。
名車であるセルボの改造車も登場。リアタイヤにご注目!! スリックを履かせている。
グリルに注目!! BMWの象徴であるキドニーグリルを移植してしまった。
80年代初期のハイソカーといえばTOYOTAの3兄弟。個性を主張するヤンキーが好んで選んだのがクレスタだった。初期型純正ツートンカラーに懐かしを感じる。エンジンもきっちりイジッている。見た目だけでなく、走りにもこだわるのが街道レーサー魂というもの。
街道レーサーをこよなく愛する服部ワークス代表がステッカーを配布!! さらにこだわりの傑作プラモも展示した。
中部地区からはるばる登場のべニヤで作った木造レーサー。この状態でちゃんと走れるから凄い。とってもユニークな仕掛けが満載で、乗り込む大人達も大爆笑!!
カッコ良いヨンフォアを発見!! セパハン、バックステップ仕様で昭和の走り屋を表現する。

チャンプロード×単車の虎には、ヤンキー・旧車に関する記事が盛り沢山!

EVENT REPORT の他の記事

横浜銀蝿 復活20周年LIVE

横浜銀蝿復活20周年記念LIVEの様子をお届けします!

盛り上がり度200%
旧★フェス


街道レーサーの祭典!

最新記事
旧車ガールズ!Vol.81 ナツムーンサン

セーラー服を着た元スケバン!?

我ら旧車會vol.16 走愛麗心愚

今回も東北地区!福島県・走愛麗心愚の皆さんが駆る愛車をご紹介!

最新記事をもっと見る